2018年06月11日

ヒメジ

20180608_06ohime.jpg
紅い体に黄色いヒゲ

「ヒメジ」

です。

沿岸の定置網で
獲れますが、

小田原の海では
主力サイズが
10センチ前後

天ぷらや唐揚げ
にすると言いますが、

これが
加工職人の手に掛かり
一晩経つと・・・
20180609_dekmsta.jpg
こうなります。

大きめなものは
開きになりました。

砂に潜っている
甲殻類をよく食べて
いるからか

なんとなく
キトサンな味がします。

軽く炙るだけで
バリバリいけます


山口の方では

キンタロウ」と呼び

珍重しているようですが

小田原周辺では

そこまで
人気がある魚

というわけではない。

「ヒメジ」の仲間は

いままで
ヨメヒメジとホウライヒメジ
を紹介したが、

他にも

20160905_okina.jpg
「オキナヒメジ」
「ホウライヒメジ」に似るが
尾びれ前の黒斑が小さい

20151104_akahime.jpg
「アカヒメジ」
小田原では稀種

20150727_higoy.jpg
「ウミヒゴイ」
沿岸定置網や刺し網で漁獲
黄色い斑模様が特徴

などが獲れる。

まとめて
オジサン」などと
称し、箱詰めされる
こともあるが、

いずれも
脂が良く乗っており
刺身や煮付けなどにして
間違いなく美味い!

まとまって獲れない為、
一般にはなかなか
流通しないが

小田原の魚屋

カープファンなら

誰でも知っている。
※個人の感想です

見掛けたら「買い」
.
posted by にゃー at 16:59| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]