2018_fespos.jpg

2018年06月18日

魚市場のファントムスレッド

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 830キロ、小サバ 600キロ、サバ 360キロ、ワカシ 250キロ、サバフグ 150キロ、アジ 70キロ、イサキ 60キロ
「石橋」定置:ワカシ 320キロ、アカカマス 200キロ、アジ 130キロ、サバ 210キロ、サバフグ 100キロ、マルアジ 50キロ
「 岩 」定置:アカカマス 350キロ ほか
「原辰」定置:マイワシ 5.8トン ほか
「江の安」定:イワシ混 230キロ、カタクチイワシ 70キロ、ウルメイワシ 70キロ
「二宮」定置:イワシ混 620キロ、ワカシ 310キロ、サバフグ 170キロ、アジ 130キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:ワラサ 2トン、イナダ 650キロ
「大磯」定置:ワカシ 90キロ、サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:サワラ 50キロ
「川奈杉本」:トビウオ、メジナ ほか
「沼津底曳」:マダイ 80キロ ほか

和歌山船 ・・・ 釣カツオ 1.2トン
大島釣船 ・・・ 釣キハダ 460キロ

20180618_0559srd.jpg久々に獲れたと思ったら、またすぐ消える危険をはらんだ妖しい魚。
儚い未来を予感させるかの様にか細い「生シラス」は、幽霊の様でもあり、幻の様でもある。
そんな「生シラス」を称して「幻の糸」と呼ぶのは、一部のPTAファンだけかもしれないが、こんな小さな魚にさえ翻弄される人々の交錯と商売の中で、20180618_azsy.jpg紡ぎ出される運命の糸が形作る人生と言う名の刺繍は、一人ひとりが咲いた小さな花の集合である紫陽花の模様と魚市場を重ねることになるであろうか?
posted by にゃー at 16:00| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]