魚体中骨抜き器販売中

2018年07月13日

我が家の魚市場計画

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 5.8トン、ウルメイワシ 200キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イワシ混 1.2トン、ウルメイワシ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
「原辰」定置:イワシ混 500キロ ほか
「江の安」定:イワシ混 320キロ ほか
「二宮」定置:イワシ混 390キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:イワシ混 1.5トン、マルソウダ 280キロ
「大磯」定置:ワカシ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 520キロ、ワラサ 210キロ、アジ 90キロ、アカカマス 110キロ
「川奈杉本」:トビウオ、マルソウダ ほか
「福浦沖曳」:生シラス 20キロ

東方面からは、
「平塚定置」:マルソウダ 120キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 60キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 780キロ

今日日、増えるのは「小イワシ」と参議院の定数。
医学部入るにゃ裏口がある様だが、あらかじめ椅子を多めに用意しておけば、ドジでのろまも座れるってか。
20180713_0943.jpg「イワシ」は増えても構いやしないが、政治屋増やしてちったぁ暮らしが楽になるのかい?
なるのは、増えた枠にはまったゴロだけという話・・とは今朝のノラの呟き。
posted by にゃー at 16:17| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]