2018年08月29日

オオモンハタ

201008_oomonhata.jpg
丸い褐色の斑点が
全身にあるハタの仲間

中小型のハタの仲間で

ここ10年

小田原周辺海域で

急激に
数を増やした
印象のある魚

出始め当初は

「ホウセキハタ」
と混同されていたが

尾ビレに
白い縁取りが
あり、

「オオモンハタ」

と確認

それ程
大きくなる種
ではなく

20センチ前後の
個体が

小田原以南の
刺し網や定置網に
良く掛かる

最近は
「クエ」や
20182013_kue.jpg

「アカハタ」
20180709_0305.jpg

と言った
南方系の
「ハタ類」が
増えてきている
印象があるが、

その先駈けと
言える魚の
一種である

え?
憧れちゃうって?

ならコレ

明日から君も
大門だ
.
posted by にゃー at 09:00| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]