2018年08月25日

アジに未練の魚市場挽歌

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 200キロ、小イサキ 120キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.3トン、小サバ 550キロ、アジ 320キロ、イナダ 150キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 240キロ、サバ 200キロ、シイラ 200キロ、小サバ 470キロ、アジ 80キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 80キロ、小イサキ 250キロ、マイワシ 320キロ、サバ 120キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シイラ、マルソウダ ほか

20180825_0622.jpg台風明けとなった今朝、予想通り「小イサキ」の漁獲もありながら、そこかしこで「小アジ」がワンサカ娘。
「小田原アジ」は100g前後が一番人気と言われたが、今朝の主流は60/80g。
20180825_0515.jpgいくら何でも小さいかと思ったが、背に腹を代えられるはずもなく、大きい順に軒並み高値のエスカレーション。
不漁と休漁続きの晩夏に来る「アジ」の恵みがいじらしい。
昔はもっと量が獲れて、もっと大きいサイズが獲れて、もっと売れる時季に獲れて、もっと高値が付いて・・・懐古主義に囚われた人間の言葉もまたいじらしい。
20180825_0258.jpg獲れないモノを追っかけるのはヤメ、現実を直視し、今の恵みと本気で向き合うことができなきゃ、魚屋辞めた方がよっぽど早い・・とヤモリが申しておりました。

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 15:16| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]