2018年09月08日

コンコルド効果に陥る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 2.2トン、小サバ 2.4トン、マイワシ 1.3トン、ヘダイ 150キロ、ウルメイワシ 110キロ、ヤマトカマス 100キロ、イナダ 80キロ
「石橋」定置:小サバ 1.1トン、ヤマトカマス 200キロ、ヒラソウダ 120キロ、マイワシ 120キロ、ハガツオ 150キロ、サバ 90キロ、カツオ 70キロ
「 岩 」定置:ハガツオ 200キロ、小サバ 550キロ、マイワシ 600キロ、サバ 180キロ、シイラ 70キロ、マルソウダ 50キロ、ヤマトカマス 60キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サゴシ 3.5トン、サワラ 50キロ、シイラ 400キロ、マイワシ 2.5トン、小サバ 1.9トン、サバ 220キロ、ハガツオ 190キロ、カツオ 190キロ、メジマグロ 120キロ、ヒラソウダ 410キロ、アジ 40キロ
「大磯」定置:休漁

20180908_0344.jpg朝一番の「キツネメバル」に各地で豊漁「キツネガツオ(ハガツオ)」、そして夜が明けたらキツネの嫁入り。
20180908_0419.jpg赤いキツネの様な赤身の魚たちと、緑のたぬきのような「マサバ」の背中に染まった定置網だったが、「福浦」だけは「サワラ」の威を借るキツネのような「サゴシ」がてんこ盛り。
20180908_0658.jpg引き続き、キツネに小豆飯と言うくらいの絶品「マサバ」は好調に獲れており、好評が注文を呼び、注文が値をキツネ目のように吊り上げる好循環。
20180908_0713.jpg「ナガスミヤキ(クロタチカマス)」も獲れ続けたり、白露の日に一気に大きくなった「ヘダイ(シロダイ)」が獲れるなど、いつの間にやら海は一気に秋真っ盛り。猛暑が続いてると思いきや、獲れる魚は一気に夏を追い越し、追い抜いていた。
そんなキツネにつままれたような一日、ジミヘンの「Foxy Lady」を聴きながら帰途につく。

今日のイセエビ ・・・ 20キロ
posted by にゃー at 22:44| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]