2018年09月14日

魚市場の買気配は濃厚過ぎて

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 60キロ、マイワシ 50キロ、マンボウ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 1.4トン、ヤマトカマス 560キロ、イサキ 100キロ、小イサキ 100キロ、ヒラソウダ 60キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 280キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:シイラ 900キロ、サワラ(サゴシ) 600キロ、イナダ 250キロ、小サバ 120キロ、マルソウダ 60キロ、ヘダイ 50キロ、カツオ 50キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 200キロ、カツオ 65キロ
「網代定置」:カツオ 65キロ
「川奈杉本」:シイラ 80キロ、ヤマトカマス 45キロ
「沼津底曳」:ヤリイカ、クロムツ ほか

20180914_0715.jpg明日も天気は雨の予報で、思わぬ涼しさにブルッと来れば下降線を辿る水揚げ模様の良化兆しは薄く、引き続き暗雲立ちこめる模様。
対して、総裁選は安定予想でNIKKEI強めの上昇予報、まだまだ良化途上でブルブルブル。
20180914_0257.jpg唯一の救いは、明日の「岩」定置復活でロングの休漁明け満タン定置の中身への期待。一方で「福浦」定置は、休漁予定で悲喜こもごもという所。
思う様にはいかないのも海の事情で、これも水商売の常。

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 13:13| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]