2018年10月04日

フーマと大漁になった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 800キロ、イナダ 630キロ、ヒラソウダ 680キロ、ヘダイ 270キロ、小サバ 180キロ、ヤマトカマス 110キロ、イボダイ 90キロ、チダイ 100キロ、アカカマス 70キロ、イサキ 80キロ、アジ 60キロ、サバ 60キロ
「石橋」定置:ヘダイ 610キロ、小イサキ 360キロ、マルソウダ 320キロ、マイワシ 360キロ、イナダ 150キロ、ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:イナダ 820キロ、サバ 400キロ、小サバ 200キロ、ヒラソウダ 140キロ、ヘダイ 130キロ、アオリイカ 65キロ、マダイ 70キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小イサキ 2.7トン、イサキ 240キロ、小サバ 120キロ、アカカマス 130キロ、ヤマトカマス 100キロ、イボダイ 100キロ、ヘダイ 90キロ、チダイ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 2.7トン、小サバ 400キロ、マイワシ 6.6トン、シイラ 170キロ、サバ 230キロ、ヒラソウダ 160キロ
「大磯」定置:マルアジ 70キロ、アカカマス 60キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヘダイ 210キロ、ハガツオ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 510キロ、マルアジ 50キロ

20181004_0402.jpg日々獲れた魚を記録しつつも、ここまで種類が多いのも珍しいというか、久しくなかったなという印象。
秋は魚種の季節と言える程に、ようやく小田原の海らしくなってまいりました。
20181004_0405.jpg「マダイ」や「ヘダイ」に「イボダイ」、「カマス」。「イサキ」に「イナダ」に「アジ」、「イワシ」。
「ハモ」から「カワハギ」、「カイワリ」、「チダイ」、そして「クマエビ」、「サクラエビ」。
20181004_0424.jpgこれだけ揃えば、来週の9,10日は任せとけと思わず太鼓判。小田原の風魔一党の如く、築地、豊洲の空白期間に地魚サプライヤーとして暗躍することが期待されている。
そして、そんな妄想も週末の台風で、すべてリセットされるというシナリオ。
そんな恐ろしい結末、ファン・ビンビンでも受け入れられないわ。
posted by にゃー at 16:46| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]