魚体中骨抜き器販売中

2018年10月09日

魚市場のほぼ真ん中に地魚

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 310キロ、サバ 90キロ、ヒラソウダ 350キロ、ヤマトカマス 70キロ、アジ 40キロ
「石橋」定置:イナダ 600キロ、アジ 590キロ、マイワシ 520キロ、サバ 480キロ、小サバ 410キロ、ヘダイ 200キロ、ヤマトカマス 200キロ
「 岩 」定置:イナダ 770キロ、サバ 160キロ、小イサキ 180キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イボダイ 200キロ、小イサキ 410キロ、小サバ 200キロ、アジ 80キロ、イサキ 80キロ、カワハギ 50キロ
「福浦」定置:イナダ 680キロ、ヘダイ 280キロ、ワラサ 290キロ、ショウゴ 100キロ、マダイ 150キロ、クエ 60キロ
「大磯」定置:マルアジ 900キロ、アジ 600キロ、小サバ 800キロ、ニベ 130キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 1.2トン、アカカマス 350キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス、アカカマス ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ、マルアジ 130キロ

首都東京では、昨日「藤田嗣治展」が終了したばかりだが、まだまだ「フェルメール」や「ピエール・ボナール」、さらに「歌川広重」や「横山華山」といった実に多彩な展覧会が開催中であり、アキさせない様になっている。
そして、更に芸術の秋の雰囲気を盛り上げるべく「ルーベンス」や「東山魁夷」、極めつけに豪華な「フィリップス・コレクション」と実に絢爛たる顔ぶれが控えており、多種多様な芸術を堪能できるプログラムが揃っている。芸術好きにはたまらない街ではあろうが、果たせるかな美術品でお腹は満たされないのが現実である。
日々、活きた芸術品とも言うべき地魚を目にしている我々にとって、乾いた美術品は歴史の証人ではあっても、決して食欲をそそるものではなく、あくまでも絵画であり、彫刻に過ぎない。
今朝の主役。
神の創造し給う流線型、曲線の描くの斑模様、繊細且つ大胆な中間色、そして体内に備えし脂と筋肉の二重らせん。
その魚の名を「クエ」と言う。
「九絵」という漢字にして絵画を超えた圧倒的感動と想像。
「喰え」と言われれば、誰でもその魚の前にひれ伏すであろう魅力と陶酔。
本日は「福浦」定置を中心に手頃な「活クエ」が、イケスを所狭しと独占。
ここまで多くまとまったことはないのでは?と思うか思わないかの間に急遽開催された「クエまつり」。
瞬発力で買い付けた魚屋さんはラッキーであったと言えるだろう。
「またあると思う?」の問いには、「ないね」と一言。
期待したら負け。期待しないで、獲れたときに買うのがちょうど良い。そんなもん。
posted by にゃー at 20:24| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クエ、九絵は画家から観ると芸術的な観点で幾何学的かつ三次元的かつ深淵なる風景にみえるけど(模様が九つの絵に見える)市場のお腹の空いたかたには脂と肉に見えるみたいですね、クエは普通の庶民には一生口に入らない希少な魚です。
Posted by 都会の淑女 at 2018年10月10日 08:24
我々庶民は一生口にしなくとも、
我らが一生さまは、とうに口にされていると確信しております。
そしてそのクエは、九死に一生を得た心持ちであの世へ旅立ったことでしょう。
Posted by にゃー at 2018年10月12日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]