魚体中骨抜き器販売中

2018年10月16日

魚市場の虜になりました

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 460キロ、小サバ 520キロ、アカカマス 100キロ、イナダ 90キロ、オアカムロ 70キロ
「石橋」定置:小サバ 510キロ、オアカムロ 170キロ、ヤマトカマス 130キロ、サバ 160キロ、アカカマス 60キロ、アジ 130キロ
「 岩 」定置:小サバ 730キロ、サバ 360キロ、ヤマトカマス 620キロ、オアカムロ 200キロ、アカカマス 180キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ヤマトカマス 720キロ、小サバ 560キロ、アカカマス 210キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 450キロ、マイワシ 900キロ、小サバ 360キロ、サバ 110キロ、ヤマトカマス 120キロ、サゴシ 180キロ、シイラ 90キロ
「大磯」定置:アジ 90キロ、小サバ 350キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 860キロ ほか
「南伊豆釣」:釣ヒラメ 65キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 160キロ ほか

20181016_0807.jpg今朝も「アジ」はあるし、「マサバ」もOK。
「カマス」も赤青揃って、「イナダ」に「ハガツオ」、「ショウゴ」に「カツオ」もありました。
なんだ「アオリイカ」も小さいけど揃ったし、ついでだ「オアカ(ムロ)」も買ってくか。
20181016_0357.jpgおお「クロタチカマス(ナガスミヤキ)」も始まった、今年は調子よさそうだ。
ん?何々「活ヒラメ」も「活イセエビ」、「サザエ」も忘れずに。
安けりゃイイやで大きめ「ヒラソウダ」と「シイラ」も品揃え。
なんだかんだで、やっぱ小田原だね・・・某仕入れ担当者談。
posted by にゃー at 18:48| Comment(2) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
某、仕入れ担当者は?U業者嘱託社員S氏?、特別直仕入員、その名もTTS、別名テス。毎日お疲れ様です。
Posted by 都会の淑女 at 2018年10月17日 09:21
TTS=テクニカル・トレーディング・サプライヤー
何やらカッコイイ肩書きをありがとう御座います。
さらに別名、テステス、只今マイクのテスト中だなんて、
まるで石橋を叩いて渡るかのような堅実な生き様。
小さな努力の積み重ねが、大物と言う成果につながるんですね
わかります。
Posted by にゃー at 2018年10月18日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]