魚体中骨抜き器販売中

2018年11月02日

オオワニザメ

20181102_041728.jpg
ニポーンのミナサーン
コニーチワ

「OH!ワニザメ」
デース!

20181102_0417.jpg
日本では
サメのことを

昔から

サメ=狭目〜名前の由来とされる
フカ=深い所にいるから付けられたとする
ワニ=和邇〜日本神話に登場する海の怪物

などと呼んでいた
そうだが、

20181102_041701.jpgこの魚は
その名前を
二つも
使っている
実に
贅沢な名前の
サメと言えるのである。

20181102_041720.jpg
まるで

超濃厚こってり系
を思わせる

家系のようなサメ
とも言えるだろう。

20181102_041743.jpg全長4メートル弱?
重量約500キロ?
推定年齢??歳(♂)

にしても
「米神」漁場で獲れる鮫

日に日に大きくなっているのは

気のせいか?

この分では

月曜日には

「メガロドン」が

揚がってきても

おかしく無いだろう。

写真の個体

顔が若干小さく見えるのは

顎を持ち去られた後であるからで、

決して

小顔なサメ
だからではない。

ほぼ最大級

世界中の沿岸に

生息しているサメとされ

深場にもいることから

相模湾にも棲息しており

この20年内に

江の浦(2000年)、
二宮定置(2011年10月27日)などで

獲れている。
.
posted by にゃー at 22:50| Comment(2) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
横から撮ってましたよね?
背鰭見せてくださいな
Posted by 仁 at 2018年11月02日 12:57
背中の緋牡丹が見たいとな?
Posted by にゃー at 2018年11月05日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]