魚体中骨抜き器販売中

2018年11月05日

今が何倍も楽しくなる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 570キロ、アカカマス 350キロ、ヤマトカマス 230キロ、ヒラソウダ 250キロ、ハガツオ 120キロ
「石橋」定置:アカカマス 160キロ、イナダ 150キロ、小イサキ 120キロ、ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 320キロ、アカカマス 230キロ、イサキ 180キロ、、ヒラソウダ 160キロ、アジ 100キロ、マルソウダ 110キロ、イナダ 60キロ、サバ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 190キロ、ショウゴ 180キロ、アカカマス 140キロ、ヒラソウダ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 280キロ、ショウゴ 130キロ、イサキ 80キロ
「福浦」定置:イナダ 190キロ、ヒラソウダ 170キロ、小サバ 320キロ、イワシ混 120キロ、サワラ・サゴシ 120キロ、シイラ 100キロ、アカカマス 85キロ
「大磯」定置:アカカマス 40キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 100キロ、ヒラソウダ 40キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 270キロ
「真鶴定置」:イナダ 240キロ
「網代定置」:アジ 40キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 450キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 95キロ

ドッと沸いたのは「小田原アジ」。周辺各地の定置網で相次ぎ大漁まつり。
「サバ」、「アカカマス」、そして「ショウゴ」が終わったかと思ったら、次は「アジ」が来た。
一時獲れていたサイズより、確実に成長しており、さらにお買い得になって帰って参りました。
20181105_0605.jpgその他、連休明けもあり魚種充実。
「サワラ」は沖でも釣れており狙い目。同じく「ハガツオ」も群れ接近中で、しかも脂乗りまくりの最高品質。
加えて「カワハギ」は、間もなくシーズン突入で走りの今が活魚で最も高値が出る時。
posted by にゃー at 17:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]