魚体中骨抜き器販売中

2018年11月08日

メバル

小田原漁港に
水揚げされる

メバルの仲間を
ご紹介


まず

一番多く
目にする機会が
多いと思われる

トゴットメバル
2016_mebaru04.JPG
定置網にも入るし
釣りでもよく掛かる。

次いで

アカメバル
2014_mebaru.jpg
定置網主体に獲れる。

獲れると言っても
意外に単独行動したのが
沖に出て網に入るのか?

多く獲れることは

滅多に無い。

そして

辛うじてまとまる
可能性があるのが

ウスメバル
2016_mebaru03.JPG
釣りでまとまる。

さらに

クロメバル
2016_mebaru02.JPG
赤に混じって
見掛けることがある。

同じく

黒い

キツネメバル
201809_kitune.jpg
多くの場合

ソイとして
呼称され、

ソイとして
売られる魚。

刺し網に掛かる

「クロソイ」と
比べると

黒さが薄い
印象がある

鼻先の棘で見分ける。

そして・・

シロメバル
20181108_maebaru06.jpg
数年間探し続け、
ようやく今朝、

「米神」の定置網に

いた!

まさしく
「白い巨塔」並の

重厚な
「メバル」ドラマの
完成。

他に

「ウケクチメバル」や
「カタボシアカメバル」
なども

多くの場合
煮付けや焼き魚が

主な利用として
挙げられるが、

小田原で獲れたモノなら

鮮度良し

是非、
刺身でご堪能あれ。

他では味わえない

感動がそこにあります。
.
posted by にゃー at 17:58| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]