2018年12月14日

魚市場の時間ですよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 960キロ、アカカマス 430キロ、マルソウダ 360キロ、サバフグ 80キロ、ヒラソウダ 60キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アカヤガラ ほか
「原辰」定置:ショウゴ 40キロ、イシダイ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:カワハギ 110キロ ほか
「福浦」定置:ショウゴ 210キロ、カワハギ 150キロ
「大磯」定置:ショウゴ 40キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 170キロ
「網代定置」:アカカマス 360キロ、ショウゴ 70キロ
「川奈杉本」:メジナ 30キロ ほか
「富戸釣船」:釣ムツ 30キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 210キロ

20181214_0707.jpg今朝は「真鶴」から、急によく釣れたという「イナダ」が到着。
さらに「網代」からも「カマス」と「ショウゴ(カンパチ)」が来てくれた。
定置網の水揚げが「米神」以外、圧倒的に減りつつある今、近海の魚は実に貴重。
20181214_070.jpg周辺でも獲れていない状況にある中で、小田原に魚が集まると言う事は実に喜ばしく、それを求めてまた魚商が集まり、相場も支えられるという好循環が発生する。
今年も残り2週間、なんとか魚も商売もプラスのスパイラルで乗り切りたい。
posted by にゃー at 18:20| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]