2018年12月19日

活マコガレイ(放流物)

20181219_0645.jpg
「ヒラメ」じゃないよ

「カレイ」だよ。

チョット前まで

春になると

東京湾から来た

活「マコガレイ」が

市場を
賑わせていたが、

相模湾では

すっかり
幻と

なりました。

このカレイを見て

青山和子」を思い出す人と
夜ヒット」を思い出す人と
自己中心派」を思い出す人と
ホームアローン」を思い出す人と
海の王子」を思い出す人と

その内容によって

その人の
歳が

判ると言ったもの・・

これは
見ての通り

パンダ柄。

それはつまり

放流物って
事。

初めて見ました。

おそらくは、

城ヶ島は
「神奈川県栽培漁業協会」
http://kanagawa-sfa.or.jp/

の水槽で

卵から孵化させ

餌をやり

稚魚を育てて

適当な大きさに
なったところで

海に放された個体。

一部は
大きな魚の
餌となってしまうけれど

逞しく育った
個体は

相模湾に残り

子孫を残す。

この
繰り返しが

海の資源を守り

漁民を守る。

ひいては

我々の魚食を
守る事に
つながるのである。

産めよ殖やせよ

一億魚卵!

てなわけで

放流させる
優良個体
選別の課程で

漏れた一匹が

大きくなったものと

思われます。


相模湾の

「マコガレイ」も

徐々に
増えている

という事かな?
.
posted by にゃー at 18:00| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]