魚体中骨抜き器販売中

2019年05月21日

魚市場の前の海は飢餓海峡

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:メジナ 70キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 170キロ ほか

南伊豆釣 ・・・ 釣オオクチイシナギ 100キロ

20190521_1347.jpg未明からドッカンドッカンと強烈な波浪が岸壁に打ち付ける今朝、定置網の網締めはどこも苦戦し、休漁が相次いだ。
まるで洞爺丸事故の海を思い出させる台風の様な天候に、東映W106方式ばりの水揚げ増幅で何も無いはずの水揚げは「メジナ」、「マンボウ」、「活イセエビ」に始まり、「アオリイカ」や「オキザヨリ」、「マダイ」に「ヒラメ」までもズラズラズラ・・。
そして本当に期待できるのは、天気が回復してからの明日以降であり、特に木曜日の水揚げは、魚種増トレンドに、これだけのうねりと濁りで攪拌された結果がどれだけのお宝をもたらすか、大いに注目が集まる。
posted by にゃー at 15:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]