2019年06月08日

魚市場のハインリッヒの法則

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 800キロ、アジ 50キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 720キロ、アジ 50キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 800キロ、シイラ 40キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:カタクチイワシ 60キロ ほか
「二宮」定置:ワカシ 400キロ、アジ 100キロ、ワラサ 60キロ、カタクチイワシ 200キロ、サバ 120キロ
「福浦」定置:シイラ 250キロ、アオリイカ 50キロ
「大磯」定置:小サバ 120キロ、ワカシ 400キロ、アジ 50キロ

201906_hiyarihato.jpgこの法則は、1件の重大災害の裏には29件の軽災害があり、その裏にはさらに300件のヒヤリ体験があるという経験則に基づくリスク回避の教訓として、労働災害のみならず、ビジネスのクレームや失敗事案等にも対応させる普遍性が知られているが、水産業界において、その日の水揚げの理由をこの法則に求める所は、日本広しと言えども小田原だけであろう。
20190608_050.jpgもちろん今朝も300の「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」に対し、29の「地アジ」が獲れ、わずか「1本」の「アブラボウズ(オシツケ)」を取り合うと言う構図が見られ、この教訓があらゆる職場や案件に対し有効である事を証明していると言える。
来週は300の「マアジ」に対し、29の「イサキ」が獲れ、たった1の「ウツボ」が獲れるかもしれないと考えているのだが、その実現性は低いだろう。
ならばと私は、「アジ:サバ:イナダ」で「9:9:7」のサニブラウンの法則を期待することとする。
posted by にゃー at 13:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]