2019年06月10日

雨に打たれて朝に泣く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 130キロ、ウルメイワシ 140キロ、サバフグ 130キロ、カタクチイワシ 170キロ、マイワシ 110キロ、アカカマス 60キロ
「石橋」定置:アジ 330キロ、カタクチイワシ 30キロ
「 岩 」定置:ワカシ 120キロ、サバフグ 110キロ、シイラ 50キロ、小メダイ 60キロ
「原辰」定置:アジ、アオリイカ ほか
「江の安」定:シイラ 50キロ、ワカシ 50キロ
「二宮」定置:アジ 100キロ、サバ 50キロ、マイワシ 110キロ、カタクチイワシ 50キロ
「福浦」定置:ワカシ 230キロ、シイラ 90キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、小サバ 90キロ

20190610_055735.jpg昨日からの雨、思わず震えるこの寒さ。
流れる潮は早く、人の動きも乏しい週末を終え、注文も少ないと来た。
別にそれに合せて少なく獲って来たわけでも無いが、まるで魚が少なくなった。
まとまった魚以外は全て一点もののオンリーワン。
20190610_055603.jpgセリでの一発勝負だけに高値も出るが、あまりの少なさに熱気も冷める嫌いあり。
それにしても魚はどこへ行ったのか?
ひょっとして集団で定置網以外に顔を出す闇営業でもしてるとか?
あ、それとも香港にでも行った?
posted by にゃー at 17:25| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]