2019年06月17日

セレクト魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イワシ混 2トン、小サバ 800キロ、アジ 600キロ、アカカマス 380キロ、サバ 260キロ
「石橋」定置:イワシ混 1.3トン、アジ 260キロ、アカカマス 130キロ、サバ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 210キロ、小サバ 310キロ、アカカマス 170キロ、ウルメイワシ 160キロ、トビウオ 50キロ、イサキ 70キロ
「原辰」定置:小サバ 130キロ、サバ 70キロ、ジンダ 40キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 220キロ、アジ 100キロ、小サバ 90キロ
「二宮」定置:アジ 240キロ、サバ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 940キロ、アジ 230キロ、ジンダ 70キロ、サバ 70キロ、カタクチイワシ 340キロ、ワカシ 40キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ、トビウオ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 650キロ ほか

木星を従えて煌々と輝く満月の夜に、逞しく育った「アカカマス」がやって来た。
グルグル回せばバターになってしまうのではないかと思わせるほどに丸々とした「カマス」は、金色の輝きを放ち、今までにない派手さと豪華さを兼ね備えた特別感を印象づけた。
「小田原アジ」も大小サイズ幅広く獲れて、今朝は安心の供給増。
安定の「イワシ」も、「マイワシ」「ウルメ〜」「カタクチ〜」入り乱れての大乱闘。潤沢な品揃えに文句なし。
201906_lastyear.jpg
昨年度の水揚げ一覧を見ても、この時期「イワシ」と「サバ」が安定の流れであることが伺える。
それが早いか遅いか、大きな流れに変化はなさそうに見える。
このまま行けば、「ヤマトカマス」が順調に大きくなり、その姿を現すはず。
そしてあと一ト月もすれば、出てくる「福浦」の「サゴシ」と共に、夏のメンバー勢揃いとなるだろう。
posted by にゃー at 17:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]