2019年07月18日

魚市場地獄へ道連れだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 190キロ、マイワシ 120キロ、小サバ 250キロ、アジ 50キロ
「石橋」定置:サバ 140キロ、小サバ 70キロ、ヤマトカマス 60キロ
「 岩 」定置:マイワシ 4.8トン、シイラ 100キロ、サバ 130キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 160キロ、マイワシ 110キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 180キロ、ワラサ 90キロ、サバ 80キロ、ヤマトカマス 45キロ
「福浦」定置:マルソウダ 1トン、サバ 460キロ、小サバ 600キロ、サゴシ 50キロ、シイラ 50キロ
「大磯」定置:サバ 100キロ、小サバ 90キロ、ヤマトカマス 80キロ、コノシロ 60キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ショウゴ、マルソウダ ほか
「真鶴定置」:ワラサ 460キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ 

和歌山船・・・釣キハダ 600キロ、カツオ 100キロ

20190718_0606.jpgようやくセミの初鳴き観測し、じわる汗の様にまとわりつく夏の到来を実感。
一汗かいて、ぼんやり見つめる先の未来は、明るいか?果たして。
posted by にゃー at 12:55| Comment(1) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、この度は21日開票の参院選において、ブログ主様に今一度この事を思い出して頂きたく、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。

国民として忘れてならない2009年、メディアの世論誘導により誕生した民主党政権でしたが、その3年間は公約をほぼ全て反古にし、1ドル80円株価8千円の超円高を誘導し、企業の倒産が激増、雇用が空洞化し、日本は経済破綻寸前まで追い込まれたのは周知の通りです。

現在、国の収益、株価、求人倍率共にバブル後の最高を記録する等、着実に経済を回復させ、脅威を増す中国や北朝鮮への対応、外交においても各国からの信頼を築いている現政権を失う事は、再び苦境の時代に戻る事を意味します。

今回の老後2千万円問題についても、野党とメディアは印象操作で国民を騙し政権を取った、2007年の再来を狙っていると思われ、報告書は年金制度自体に問題を指摘したものではない事はこちらに詳しく書かれています。
https://ttensan.exblog.jp/27649651/

一人でも多くの方が野党やメディアの実態を知り、国を守る為に皆様一人一人が報道される情報の真偽を自身の目で正しく見極め、この度ブログ主様や皆様にもその大事な意思を、是非投票によって示して頂きたいと思っております。
突然の書き込み、長文乱文お詫び申し上げます。
Posted by ゆき at 2019年07月18日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]