魚体中骨抜き器販売中

2019年07月27日

後悔しない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 340キロ、サバ 280キロ、ウルメイワシ 3トン、ジンダ 160キロ、ヤマトカマス 220キロ、マイワシ 70キロ、アジ 60キロ、マルアジ 80キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 570キロ、小サバ 150キロ、サバ 80キロ、ジンダ 80キロ、ヤマトカマス 70キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 800キロ、イナダ 50キロ、ジンダ 40キロ、ヤマトカマス 40キロ
「原辰」定置:小アジ 100キロ、ウルメイワシ 180キロ、マイワシ 60キロ、ヤマトカマス 60キロ
「江の安」定:ウルメイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:マルソウダ 600キロ、小サバ 350キロ、サバ 120キロ、アジ 170キロ、ウルメイワシ 60キロ、ワカシ 60キロ
「大磯」定置:小サバ 1トン、サバ 200キロ、アジ 100キロ、ジンダ 70キロ、マルアジ 50キロ

伊豆方面からは、
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 310キロ
「神津島釣」:釣キンメダイ 130キロ

東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 310キロ

雨ドカ降り、曇天、強風、快晴と、目まぐるしく変わる天気の中、「アジ」、「イワシ」、「サバ」、「カマス」のルーレット状態のセリに突入。
世間一般「土用の丑の日」ではあるが、小田原は地魚がこれだけ豊富な中、わざわざ「ウナギ」を選ぶ理由も無しと、まるでその気配無し。
しかし、量販店の売り場はすっかり「ウナギ仕様」で、軒並み競り値は低め傾向。
「キンメダイ」や「ムツ」、「生シラス」までも右にならえで安値に終われば、今日は「土曜のウッシッシの日」だったと思い出す。
posted by にゃー at 14:03| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]