2019年08月24日

イレギュラーバウンド魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 510キロ、ワカシ 460キロ、小サバ 290キロ、サバ 100キロ、ウルメイワシ 140キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 190キロ、小サバ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 90キロ、ヘダイ 60キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 70キロ ほか
「江の安」定:ウルメイワシ 50キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 580キロ、アジ 300キロ、小アジ 120キロ
「福浦」定置:モロ 800キロ、ワカシ 1.2トン、サバ 80キロ、サゴシ 40キロ、シイラ 40キロ
「大磯」定置:ジンダ 90キロ、サバ 80キロ、ヤマトカマス 50キロ、ワカシ 40キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:キハダ 380キロ、シロカジキ 120キロ

IMG_20190824_060524.jpg横浜じゃあIR(カジノを含む統合型リゾート)誘致とか言って市長の「白紙撤回」が話題ですが、白紙の紙に何を書いても許されない社会の方がよっぽど問題。
小田原の埠頭でも地元の水産資源を活用して全国に発信できる新ブランドとテーマパIMG_20190824_060604.jpgーク創出という新たなビジネスの取り組みが始まろうという中、すでにそれがもう総合的なギャンブルだとの声もあるが、この誇り高き小田原の魅力を持ってすれば成功以外の選択肢の無い事業は、もはやギャンブルではなく、とすればそれはノーリスクでリターンを得ることのできる即効的且つ効果的な資産運用といえるでしょう。
posted by にゃー at 17:30| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]