2019年09月21日

愉悦の魚市場神髄

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 2.2トン、ワカシ 1.5トン、アカカマス 120キロ、小イサキ 100キロ、ウルメイワシ 60キロ、チダイ 50キロ
「石橋」定置:ワカシ 3.3トン、ヤマトカマス 950キロ、アカカマス 100キロ、イサキ 60キロ、ヘダイ 80キロ
「 岩 」定置:ワカシ 2.3トン ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ヤマトカマス 100キロ、ウルメイワシ 120キロ、小サバ 250キロ、アカカマス 160キロ、小イサキ 180キロ
「福浦」定置:クサヤムロ 1.2トン、サバ 140キロ、ワカシ 250キロ、ウルメイワシ 60キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:小アジ 330キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 60キロ

先日の台風15号による発生した「小イサキ」の団塊の世代もようやく終わりが見えた頃、17号日本海通過で安堵も、風の影響を考慮しつつ、再びの連休。
「キハダ」類の大型魚も、小田原周辺で運動会絶賛開催中も、網に入る果報者はおらず。身もだえの連休。
一気に増えた再びの「ワカシ」と「カマス」のうんだらかりに、やきもきの連休。
posted by にゃー at 19:23| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]