2019年10月23日

魚市場は毎朝キョウエンの儀

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小アジ 100キロ、アカカマス 160キロ、ヤマトカマス 130キロ、小サバ 1.8トン、サバ 300キロ、イナダ 60キロ、イサキ 60キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:チダイ  520キロ、ワカシ 600キロ
「赤沢定置」:ショウゴ 220キロ、ウスバハギ 40キロ、イサキ 40キロ

今朝の定置網、主役は得意の「小サバ」が山。
数量未記載は、申告漏れではなくて、記録ミス(10/24補完)。
道端にきんもくせい。すっかり秋の薫り。
IMG_20191023_074415.jpg「キンメダイ」のあの独特の臭いって、なんの臭いなんだろう?
とにかく富士山に初冠雪。まるで寒い朝。
魚の動きもまるでストップ。
それでも饗宴の為に、魚が、定置網が競演するは亦楽し。
posted by にゃー at 16:49| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]