2019年10月30日

今までになかった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.7トン、ショウゴ 190キロ、小アジ 160キロ、アカカマス 260キロ、小サバ 350キロ、小ムツ 60キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 400キロ、アカカマス 200キロ、アジ 50キロ、サバフグ 40キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 910キロ、ショウゴ 230キロ、サバ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、ヤマトカマス ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ショウゴ 110キロ、ヒラソウダ 90キロ、メジマグロ 90キロ

何がどうエポックメイキングだったか?

明け行く曙 秋の空の
わびしき思いに 市場悩む
恋しやバブル期 懐かしウマヅラ
夢路にたどるは 裏の宮小路

そりゃもうあまりにも人がいなかった・・
posted by にゃー at 17:07| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]