2019年11月16日

魚市場じゃ満足できない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:メアジ 320キロ、ウルメイワシ 320キロ、サバ 80キロ、アカカマス 70キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 350キロ、メアジ 230キロ、アカカマス 170キロ、サバ 100キロ、ウルメイワシ 80キロ、イナダ 70キロ
「 岩 」定置:カタクチイワシ 200キロ、メアジ 170キロ、シイラ 150キロ、アカカマス 140キロ
「原辰」定置:メアジ 100キロ、アカカマス 100キロ、シイラ 120キロ、ショウゴ 50キロ
「江の安」定:シイラ 150キロ、カタクチイワシ 60キロ、メアジ 50キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワカシ 220キロ、サバ 280キロ、小サバ 800キロ、シイラ 120キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、小サバ 320キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:クロタチカマス 120キロ ほか
「真鶴釣船」:釣ワラサ 60キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、ニベ ほか
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ

小田原釣 ・・・ 釣ワカシ 60キロ

20191115_132123.jpg新しい駅が開業するから山手線が一部区間運休ですって?
できあがるのはまだ先だというのに都会の人は大変だ。
小田原じゃあ一足お先に、新駅開業のお知らせですってば。
「漁港の駅」が開業したら、早川が小田原の山ノ手になる日も近い?
さらに世間の女子同様、ニノロスにむせび泣いているのは小田原も同じ、突然の台風で長い休漁に入ってしまった「二宮漁場」の存在感は、「アジ」がなくなった今、ますます身体に染み入ってくる。

もっと素直に市場の
アジを信じて欲しい

一緒に食べたいよ
できるものならば

誰かアジの塩焼き
そして旨いだなんて

アジだけに本当の
味を占めてきた

アジない時間が
アジ育てるのさ

目をつぶれば
欲しくなる

メアジとアオアジの
境を決めた以上
もう高値も平気

よろしく
アジ執(シュウ)〜

安井かずみの詩。華やかなその人生は、まさに小田原の魚の豊かさを表現しているかのようですらある(無責任)。
posted by にゃー at 16:43| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]