2019年11月20日

受け継がれた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:メアジ 360キロ、ウルメイワシ 50キロ、イナダ 60キロ
「石橋」定置:メアジ 200キロ、アカカマス 120キロ、ヤマトカマス 100キロ、ウルメイワシ 80キロ、イナダ 60キロ
「 岩 」定置:メアジ 610キロ、ワカシ 110キロ
「原辰」定置:メアジ 50キロ ほか
「江の安」定:マンボウ 40キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:小サバ 550キロ、ワカシ 250キロ、アカカマス 150キロ、サバ 70キロ
「大磯」定置:小サバ 960キロ、アジ 470キロ、サバ 110キロ、メアジ 100キロ、マルアジ 80キロ、ウルメイワシ 70キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 420キロ、ワカシ 580キロ、メジ 140キロ
「真鶴定置」:ウルメイワシ 190キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 40キロ、マルアジ 70キロ

20191120_0541.jpg首相の在任日数は、憲政史上最長の2887日へ。
かたや魚市場は今年、創立112年目となり、福岡の田中カ子(かね)さんは、生まれてこの方116年目の冬を迎えた。
1574189875142.jpgそして当ブログは、2007年11月29日のスタートから実に3867件目の記事を達成。
で、一体どれが一番褒められるべきか?
当ブログを閲覧されている賢明な方々は、言わずもがなお分かりであろう→→→
posted by にゃー at 18:39| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]