2019年12月28日

魚市場の美人さん

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.5トン、サバ 200キロ、マルソウダ 280キロ
「石橋」定置:小サバ 1.2トン、マルソウダ 600キロ、サバ 70キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 290キロ、小サバ 310キロ、サバ 240キロ
「原辰」定置:マルソウダ 360キロ ほか
「江の安」定:マルソウダ 300キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:メカジキ 1本、サバ 170キロ
「大磯」定置:アジ 90キロ、サバ 240キロ、マルソウダ 70キロ

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ・ワラサ 100キロ
「福浦沖曳」:生シラス 65キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ

IMG_20191228_045830.jpg暮れの「メヌケ」を見る時、平成が終わり、令和初のお正月を迎えるに当たって、この30年を振り返りフト思い出す「リンダ・エヴァンジェリスタ」のような存在感を感じるのは、私だけだろうか?
そして猪突猛進型「メカジキ」を見ていると、30年という歳月を自分の人生と重ね合わせ、フト前世の記憶が蘇るような気がするのは、私だけだろうか?
posted by にゃー at 12:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]