2020年02月07日

魚市場で震えて眠れ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 280キロ ほか
「石橋」定置:マルソウダ 110キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤリイカ、マルソウダ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ニザダイ 110キロ ほか
「大磯」定置:ヤリイカ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:イナダ 300キロ ほか

1581016939139.jpgハマの港界隈じゃ、沖に浮かんだ大型船でいつまで乗ってりゃいいんだと騒がしいらしいが、沖に浮かべときゃルパン三世だって逃げ出せやしねえ。
ウイルスとの体力勝負じゃチト自信は無いが、新しいトランプでも教えておけば時間なんて経つもんだ。日本の地を再び踏む頃には、桜も満開だろうぜよ。
そういや街の桜はチラホラほころびかけてるっつのに、また冬に戻るなんざ、なかなかヤルね。
危ねえ、危ねえ、釣られて油断するところだったゼ。
このまま魚も増えてくるかと思えば、魚も賢いか、まだまだだ。
ともすれば刺し網の「ヒラメ」の動向が、どうやら増加傾向になりつつあるようだが、相模湾の本気が休み明けに真実に変わることを期待しつつ、海が潜伏期間を計りかねているという所かな。

今日のヒラメ ・・・ 214枚
posted by にゃー at 17:22| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]