2020年03月21日

人気急上昇魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 200キロ、ワラサ 50キロ、ヤリイカ 50キロ
「石橋」定置:スルメイカ 150キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「 岩 」定置:スルメイカ 300キロ、ボラ 50キロ、イシダイ 200キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ、サバ ほか
「江の安」定:スルメイカ、メジナ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 110キロ ほか
「福浦」定置:サバ 60キロ、マイワシ 40キロ
「大磯」定置:イシダイ 150キロ、サバ 120キロ、アジ 50キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 40キロ、釣アブラボウズ 110キロ
「真鶴定置」:サワラ 180キロ

大島釣船 ・・・ 釣キハダ 190キロ

20200321_36108615.jpg「真鶴」の定置網に突っ込んだ「サワラ」の群れ。横幅、肉付き、すべてを含めてサイズ感良く、申し分なし。
20200321_060712.jpg春らしさを告げる「チダイ」。手頃な「タイ」で春の味。これから徐々に獲れ始め、市場に彩りを添える。
小田原の「人気アジ」の一角と言えば「カクアジ」で呼ばれる「カイワリ」を外すわけにはいかない。
20200321_060722.jpg小田原の定置網にも「ワラサ」の姿が。「ブリ」の次は此奴らの天下。太りもまだ残り、名残のシーズンで巻き返す。

今日のヒラメ ・・・ 325枚
posted by にゃー at 19:09| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]