2020年04月09日

ABC予想を実証した魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 5.6トン、マイワシ 1.2トン
「石橋」定置:ブリ・ワラサ 2.6トン、小サバ 400キロ、タチウオ 310キロ、マイワシ 2トン
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 5.3トン、スルメイカ 320キロ、小サバ 180キロ、アジ 110キロ
「原辰」定置:アジ 60キロ、サバ 60キロ、スルメイカ 50キロ
「江の安」定:ブリ・ワラサ 210キロ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 16.3トン ほか
「福浦」定置:サバ 970キロ ほか
「大磯」定置:アカカマス 230キロ、アジ 110キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 200キロ、サワラ 100キロ
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 80キロ

1586392722866167944158.jpg「二宮」の「ブリ・ワラサ」は、2400本余りと休み前よりも増量。
まだまだその勢いは止まりそうにないチンゲール。
同じく「米神」や「岩」の定置網も、出遅れを取り戻すかのように獲っており、まだまだ獲る気満々、マンテンパパ。
その中で、今朝の漁獲の中に「ブリ」の隙間を埋めるかのようにチラホラ「アジ」のをが確認。
IMG_20200409_061147.jpgやっぱ小田原の春といやあ「アジ」だよねと、本当の意味での小田原に春が到来したことを我々に教えてくれたと同時に、「ブリ」の次の大漁候補としての「アジ」と「バイデン」がダブるかのように映ったのであった。
つまり、かねてより言われていた難題、小田原地魚のABC予想、「アジ(A)」の大漁と「ブリ(B)」の大漁が掛け合う時、「C」が正となるか負となるか、はたまた「C」が無となるかの理論の事であるのだが、この30年間、誰も証明はおろか、解明することも出来ず、一体「C」とは何なのかを皆で探し求めていたはずだが・・そんなことはなかったか?
しかし、突然その日は来た。
つまりAが獲れ、Bが獲れたときに溢れるC。つまり今流行の「COVID-19」。
IMG_20200409_061156.jpgそれはすなわち、この大漁が終わるとき、AかBが0となる時、Cも0となり、結果的にCの完全収束を迎えることになるわけであり、今流行の病にしてもはじめから予想されていたパンデミックで有り、この先に迎える結末は、近い内の人類の完全勝利に終わると予言しているのである。
よってA×B=Cは示された。
Q.E.D

今日のヒラメ ・・・ 573枚
posted by にゃー at 16:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]