2020年05月19日

魚市場だってやりきれない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 400キロ、マンボウ 90キロ
「石橋」定置:小サバ 640キロ、チダイ 60キロ
「 岩 」定置:小サバ 300キロ、サバ 60キロ、イナダ 45キロ
「原辰」定置:小サバ 700キロ、カタクチイワシ 100キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:サバ 100キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:小サバ 450キロ、サバ 120キロ、スルメイカ 50キロ
「大磯」定置:アジ 170キロ、小サバ 320キロ、サバ 110キロ、マルアジ 55キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:メカジキ 1本
「網代定置」:養サクラマス 120キロ ほか
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 250キロ
「山下丸網」:イサキ 90キロ、メジナ 210キロ、小サバ 100キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 250キロ ほか
「三崎釣船」:釣クロシビカマス 70キロ、釣メダイ 80キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 440キロ

15898352542911079372967.jpg「小サバ」と「マンボウ」。
「小サバ」と「チダイ」。
「小サバ」と「アジ」。
「小サバ」は獲れるけど、それに次いで獲れている魚がバラバラ。
まさに
「はしだのりひこ」と「シューベルツ」。
「はしだのりひこ」と「クライマックス」。
「はしだのりひこ」と「エンドレス」。
.
posted by にゃー at 14:19| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]