魚体中骨抜き器販売中

2020年06月29日

黙って魚市場についてこい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 880キロ、小サバ 420キロ、モジャコ 100キロ、マイワシ 60キロ、アジ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 200キロ、サバ 140キロ、シイラ 60キロ、アジ 50キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:小サバ 70キロ、モジャコ 70キロ、シイラ 60キロ、アジ 60キロ
「江の安」定:モジャコ 60キロ、マイワシ 50キロ
「二宮」定置:小サバ 760キロ、サバ 140キロ、アジ 80キロ
「福浦」定置:マルソウダ 1.8トン、サバ 310キロ、小サバ 500キロ、シイラ 180キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:シイラ 170キロ、トビウオ 70キロ
「山下丸網」:ワラサ 1.3トン、イサキ 40キロ
「福良沖曳」:生シラス 60キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 220キロ、釣メダイ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 340キロ、マルアジ 150キロ


「シイラ」「マルソウダ」「サバ」「トビウオ」、フィジークに徹した「ワラサ」・・
続々と南から魚が増えてきている気配あり、7月からは黒潮に乗って表層を回遊する魚を中心に獲れる流れか。
15933836268841036878119.jpgその前に「アジ」がまた獲れますようにと祈念する。
念じて、念じて、鯰でた。
posted by にゃー at 19:39| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]