魚体中骨抜き器販売中

2020年07月04日

魚市場は百屯獲っても大丈夫

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 450キロ、ウルメイワシ 100キロ
「石橋」定置:マイワシ 120キロ、ウルメイワシ 180キロ
「 岩 」定置:マイワシ 200キロ、モジャコ 260キロ、サバ 150キロ
「原辰」定置:マイワシ 290キロ、モジャコ 100キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:マイワシ 250キロ、モジャコ 60キロ
「二宮」定置:サバ、小サバ ほか
「福浦」定置:イナダ 1.8トン、サバ 120キロ、マルソウダ 350キロ、小サバ 300キロ、トビウオ 80キロ
「大磯」定置:アジ 65キロ、サバ 220キロ、小サバ 130キロ

伊豆方面からは、
「熱海丸網」:ジンダ 70キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 70キロ、チダイ 45キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ ほか

続けて100人罹っても大丈夫。とか言ってる間にしれっと終わる、この都知事選の空気感よ。
って、ここ小田原か。
その小田原の海の空気感も半端ねえ。
いつの間にやら「イワシ」一色になりつつある相模湾。
こう天気も悪くちゃ、おちおち釣りも行ってらんないと、獲れる魚もパターン化。
50トンもの「マルソウダ」が獲れていたのは、ほんの数年前の気もするが、さすがに100トンは夢の数字か。
漁獲の底上げは、景気の回復、需要の掘り起こしと消費の創造、港の集客、すべてにつながる万能の魔法。
まずは天気の回復からスタートで。
posted by にゃー at 23:57| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]