魚体中骨抜き器販売中

2020年09月04日

魚市場の二重らせん構造

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:小サバ 13.3トン、マルソウダ 6トン、ヤマトカマス 470キロ
「 岩 」定置:小サバ 7.5トン、サバ 650キロ、ワカシ 320キロ
「原辰」定置:小サバ 1.3トン、マルソウダ 770キロ、ヤマトカマス 230キロ、サバ 170キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 3トン、メイチダイ 250キロ、サバ 140キロ
「福浦」定置:小サバ 800キロ、サバ 340キロ、ワカシ 200キロ
「大磯」定置:小サバ 320キロ、サバ 290キロ

 伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 130キロ
「山下丸網」:イサキ 1.1トン、小アジ 560キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、タチウオ 120キロ

秋の小田原と言えば「小サバ」と「ウズワ」の二大巨頭が引っ張る大漁まつり。
それに「カマス」、「アジ」が加われば、先祖代々受け継がれてきた小田原市民のDNAとも言うべき秋の魚たちのそろい踏み。
今朝は昨日温存、熟成させた「石橋」定置のご開帳。期待通りの大漁に、市場の活気もドット混む。
poster2020.png9月に入って急激に増えた「小サバ」たち、今までアンたらどこ泳いでたの?と思わず聞けば、氷水の中で、もだえ苦しむ一匹が漏らした一言を聞き逃さなかった。
「今年の神奈川の海は、泳いじゃいけないと聞いたからだ・・・」と。
posted by にゃー at 22:12| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]