魚体中骨抜き器販売中

2020年09月15日

秋だから…魚市場へ行こう

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.2トン、アジ 260キロ、マルソウダ 300キロ、イサキ 160キロ、サバ 140キロ、ヤマトカマス 100キロ
「石橋」定置:小サバ 2.2トン ほか
「 岩 」定置:マルソウダ 700キロ、小サバ 320キロ、ワカシ 230キロ、ヤマトカマス 140キロ、サバ 90キロ、ウスバハギ 100キロ
「原辰」定置:マルソウダ 250キロ、小サバ 190キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 5.3トン、サバ 340キロ、アジ 300キロ、ショウゴ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 780キロ、サバ 70キロ

伊豆方面からは、
「山下丸網」:ワカシ 610キロ、アジ 270キロ、ウスバハギ 190キロ、ムツッ子 160キロ
「網代定置」:シイラ 120キロ、イナダ 45キロ

昨年は「ウスバハギ(シロウマ)」が極端に少なかった印象があるのだが、今年はどうやら9月から獲れだしている。
まだ出始めの感もあり、小さめ主体ではあるが、これからの成長と増加が見込まれる。
同じく、秋になると増えてくる魚「ショウゴ(カンパチ)」や「ヘダイ(シロダイ)」も増えてきて、相模湾全体ますます秋度は増すばかり。
「小アジ」も年によって増減があるのだが、秋らしい魚であり、ここ数日「米神」で獲れだしている。
そして「ヤマトカマス(ミズカマス)」はもちろん、細かい魚種もひっくるめた実りの充実する秋に向かって、今小田原はまっしぐらである。
posted by にゃー at 17:59| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]