魚体中骨抜き器販売中

2020年10月27日

魚市場で共演NGは誰?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 7.9トン、小アジ 1.7トン、イナダ 580キロ、シイラ 600キロ、メジ 100キロ 
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヒラソウダ 4.8トン、シイラ 2.2トン、ワカシ 1.2トン、ショウゴ 430キロ、ワラサ 220キロ、ムロアジ 140キロ、イサキ 130キロ、オアカムロ 110キロ、小サバ 150キロ、ウスバハギ 240キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 2トン、マルソウダ 540キロ、シイラ 180キロ
「江の安」定:シイラ 510キロ、ヒラソウダ 210キロ、小アジ 100キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 460キロ、ショウゴ 300キロ
「大磯」定置:ヒラソウダ 1.4トン、アカカマス 300キロ、マルソウダ 160キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 860キロ、ウスバハギ 170キロ
「沼津底曳」:ムツ 160キロ、クログチ 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 150キロ

「ヒラソウダ」と「マルソウダ」、似たもの同士だけど、あまり同時にまとまることは少ない。
それでも、多少お互いが混じることがあり、選別に苦労することがあるのだが、今年は「ヒラソウダ」が大きく、「マルソウダ」が小さいので比較的楽なようだ。
posted by にゃー at 21:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]