魚体中骨抜き器販売中

2021年04月27日

魚市場は軽々と県境を越える

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 9.5トン、アジ 170キロ、カタクチイワシ 200キロ、サバ 90キロ
「石橋」定置:アジ 110キロ、ヒラマサ 100キロ、カタクチイワシ 200キロ、チダイ 50キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 320キロ、小サバ 150キロ、アジ 200キロ、サゴシ 80キロ、ヒラマサ 90キロ、スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 350キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 430キロ ほか
「二宮」定置:アジ 250キロ、小サバ 380キロ、サバ 170キロ、チダイ 180キロ
「福浦」定置:サバ、イナダ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ 500キロ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:スルメイカ 130キロ
「赤沢定置」:ブリ・ワラサ 300キロ
「真鶴定置」:サワラ 560キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

我々は常にレーダーを張り巡らせ、近隣の漁獲情報と鮮魚の流通状況を把握し、顧客の要求と消費者の動向を追求し続けている。
その成果として魚を集め、販売することを生業としており、その魚の追求の先にあるのは、魚市場の未来、これは常に真である。
再び「マイワシ」の山が帰ってきたと言うことは、それを追いかける「ブリ・ワラサ」の群れも帰ってくると言うこと。
そして、同じくまもなく地球へ帰還する野口聡一宇宙飛行士、その背中を追いかける若い才能が再び加速するのも時間の問題と言うことだ。
これは日本の未来、新しい産業の萌芽である。

今日のヒラメ ・・・ 105枚
posted by にゃー at 16:08| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]