魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年05月10日

とっておきの魚市場活用法

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、サバ 260キロ、スルメイカ 50キロ
「石橋」定置:アジ 260キロ、サバ 250キロ、スルメイカ 170キロ、チダイ 60キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 190キロ、小サバ 190キロ、サバ 160キロ、スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:サバ 340キロ、小サバ 150キロ、カタクチイワシ 260キロ
「江の安」定:サバ 170キロ、メジナ 60キロ
「二宮」定置:アジ 90キロ ほか
「福浦」定置:小サバ 2.4トン、サバ 120キロ、トビウオ 100キロ、アオリイカ 60キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 360キロ ほか

今年も幻となってしまった「小田原あじ・地魚まつり(※現時点では中止ではなく延期)」。
春の最も美味しい季節の「小田原アジ」を楽しみにしていた人も多かったろうに、実に残念だ。
と言っても、本来の開催予定であった4月の後半では、まだ言うほど「アジ」も獲れておらず、むしろ今週からが本格的な旬の「小田原アジ」が増えてくる(であろう)タイミングになる。
と言うことは、今からでも遅くはない。
近所の魚屋やスーパーに行って「小田原アジ」を購入し、是非とも「在宅小田原あじ・地魚まつり」を自宅で開催していただきたい。
これこそ誰にも迷惑をかけることなく、自己満足最高点を獲られ、しかも最安に済ませられる、もっとも簡単且つ確実な方法なのだから。
.
posted by にゃー at 13:56| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]