魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年06月29日

魚市場の支配魚に関する事項

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 800キロ、モジャコ 290キロ、サバ 200キロ、アジ 180キロ
「石橋」定置:小サバ 130キロ、ウルメイワシ 110キロ
「 岩 」定置:モジャコ 280キロ、アカカマス 100キロ、ヤマトカマス 80キロ
「原辰」定置:小サバ 460キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:小サバ 180キロ、サバ 120キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.1トン、イナダ 130キロ
「大磯」定置:アジ 220キロ ほか

伊豆方面からは、
「赤沢定置」:シイラ 150キロ、イナダ・ワカシ 100キロ

「小サバ」が支配的な水揚げ状況にあって、「ワラサ」と「イナダ」が対抗措置をとるべく団結する状況。
どちらも「モジャコ」を仲間に入れようと裏で駆け引きが続く。
一方は「モジャコ」の「ワカシ」格上げを条件に、一方は「アジ」の代替としての「フライだね」の地位約束を差し出した。
明日の魚市場の主導権を握る魚は、「サバ」か「イナダ」か、はたまた「シイラ」か!?
.
posted by にゃー at 16:14| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]