魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年09月07日

魚市場の異次元金融緩和

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 800キロ、ヤマトカマス 660キロ、サバ 300キロ、マルソウダ 200キロ、小カマス 200キロ、マルアジ 150キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 360キロ、マルアジ 120キロ、サバ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 4トン、サバ 670キロ、小サバ 320キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 130キロ、ヘダイ 80キロ
「江の安」定:アジ 110キロ ほか
「二宮」定置:サバッ子 720キロ、小サバ 300キロ、アジ 230キロ、小スマ 140キロ
「福浦」定置:サバッ子 600キロ、小サバ 200キロ、サバ 120キロ
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヤマトカマス 2.6トン、アジ 180キロ
「川奈定置」:ヘダイ 110キロ、ワカシ 100キロ、ヤマトカマス 100キロ
「南伊豆釣」:ヒメダイ、カッポレ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ、マルアジ 210キロ
「江の島網」:ワカシ 1.3トン ほか

佐島釣船・・・釣カツオ 930キロ

全体的に「アジ」の減少が顕著になりつつある中で、「マサバ」やら「ヤマトカマス」が一気に勢いを増してきた。
さらには「ヘダイ」や「ハマフエフキ」、「メイチダイ」も盛り返してくると思いきや、「ワカシ」や小さな「スマ」までも獲れだして、一気に地魚ジャブジャブのステージ「実りの秋」へ。
浜値の低下を通じて、地魚調達コストを低下させ、結果的に買受人や消費者の鮮魚需要を喚起する狙いは当たるのか?
「俺はそろそろずらかるぜ」と言ったのは「アジ」なのか?「三次元マスク」なのか?
答えは木曜日に出る。
.
posted by にゃー at 19:35| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]