魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年12月02日

揉みしだかれた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバフグ 1.7トン、サワラ 850キロ、サバ 450キロ、小サバ 440キロ、ムロアジ 400キロ、アジ 140キロ、アカカマス 270キロ、アカヤガラ 250キロ、ヤマトカマス 100キロ、マルソウダ 200キロ、メカジキ 1本(100キロ)
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サワラ 1トン、サバフグ 750キロ、ワラサ 480キロ、イサキ 260キロ、アカカマス 200キロ、アカヤガラ 130キロ
「原辰」定置:ムロアジ 750キロ、サバフグ 130キロ、ウルメイワシ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバフグ 220キロ ほか

佐島釣船 ・・・ 釣カツオ 130キロ

海が荒れた後は魚が動き、その魚が網に入る。
そう、大漁が期待される嵐明けの朝。
「サワラ」が一気に増えてきた。「寒ザワラ」と言われる程の旬となるこの季節、春とはまた違った味覚として高い人気を誇る。
サイズ感も丁度良く、値頃感も合わされば、ますます人気の大フィーバー。
「サバフグ」もいれば、「サバ」、「ワラサ」、、、締めた定置網は四箇統に過ぎないが、魚種も漁獲もてんこ盛りと来た。
この歩留まりの良さ、まるで頭の小さな太った「サワラ」そのものよ。
.
posted by にゃー at 18:54| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]