魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2021年12月07日

魚市場でたーんとお食べ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 12トン、アカカマス 200キロ、サバ 100キロ、サバフグ 100キロ
「石橋」定置:マルソウダ 5トン、アカカマス 190キロ、アカヤガラ 90キロ、ハガツオ 80キロ、キハダ 1本
「 岩 」定置:マルソウダ 8.8トン、小イサキ 400キロ、サバフグ 320キロ、サバ 200キロ、小サバ 150キロ、ヒラソウダ 140キロ、アカヤガラ 110キロ
「原辰」定置:マルソウダ 940キロ、イサキ 170キロ、カワハギ 120キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバフグ 220キロ、カワハギ 140キロ、サバ 110キロ
「福浦」定置:カワハギ 210キロ、ショウゴ 110キロ、カゴカキダイ 100キロ
「大磯」定置:サバ 100キロ ほか

東方面からは、
「江の島網」:小サバ 110キロ ほか
「平塚定置」:イシダイ 80キロ

秋に続いた不完全燃焼な水揚げが、時化の一つで一気に追いついてきた。
「マルソウダ」の大群がこの冬にどこまで続くことができるか不透明ではあるが、今年の水揚げ状況から見ても沿岸にまだ群れていることは確か。
小田原〜真鶴に至る一帯でこれだけの規模で獲れた事実からも、しばらくは「マルソウダ」のターンになるとしても不思議は無いだろう。

今日のヒラメ・・・ 35枚
posted by にゃー at 18:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]