魚体中骨抜き器販売中

2022年04月25日

現代の世阿弥は魚市場にいる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 16トン ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 850キロ、アカカマス 110キロ、サバ 90キロ
「原辰」定置:マイワシ 3トン ほか
「江の安」定:マイワシ 1.6トン、ヒラマサ 120キロ、ワラサ 50キロ
「二宮」定置:チダイ 100キロ、マダイ 70キロ、小イサキ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 100キロ ほか

伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣アブラボウズ 1本
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 40キロ ほか

東方面からは、
「江の島網」:アジ 90キロ ほか

小田原素潜 ・・・ サザエ 520キロ

いかり:世阿弥が説いた「風姿花伝」を知っておるか?

かとう:彼の芸能論が記されているという伝説の書のことですな?

いかり:おお、さすがじゃの。よう知っておるな。

かとう:芸に生きる我々として当然。して、それが何か?

いかり:それが今の世では、「潮姿魚伝」となって小田原の海でささやかれているのじゃ。

かとう:おお、獲れる魚を見ることで今の潮の流れを知る、と言うこと。

いかり:つまり、時流を読み解くには魚屋の店先を見れば良いのじゃ。

しむら:なーに、何の話?

かとう:では、見に行けない時はどうすればよいのか?

いかり:その日の水揚げ概況が分かるサイトを見に行けば良いのである。

かとう:それは一体どこ?

こうじ:あ、ここじゃん。

しむら:つまり「THE・AMI」。

いかりかとう:分かって言ってるんか?

今日のヒラメ・・・ 57枚
posted by にゃー at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック