魚体中骨抜き器販売中

2022年08月06日

始まりの予感の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 1.7トン、小サバ 250キロ、ヤマトカマス 180キロ、マイワシ 100キロ
「石橋」定置:小サバ 140キロ、ヤマトカマス 100キロ
「 岩 」定置:ウルメイワシ 280キロ、ヤマトカマス 180キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス、ウルメイワシ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 130キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 120キロ ほか
「福浦」定置:マルソウダ 600キロ、小サバ 300キロ、サワラ 130キロ、シイラ 140キロ
「大磯」定置:小サバ 190キロ、マルソウダ 130キロ、アジ 100キロ

伊豆方面からは、
「宇佐美船」:生シラス 60キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 140キロ

佐島釣船 ・・・ 釣カツオ 850キロ

この週末の小魚感は終末レベル
しかし「ヤマトカマス(ミズカマス)」の増量は今後のトレンド
一回休みで、資源の回復とリセットに期待が吉
.
posted by にゃー at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック