魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2022年11月21日

魚市場のことをわかって

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ムロアジ 1.2トン、ウルメイワシ 240キロ、サバ 170キロ、小イサキ 100キロ
「石橋」定置:ムロアジ 300キロ ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス 210キロ ほか
「原辰」定置:ウルメイワシ 350キロ ほか
「江の安」定:シイラ、ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:小サバ 250キロ ほか
「福浦」定置:シイラ、ウルメイワシ ほか
「大磯」定置:小サバ 150キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:ショウゴ、アジ ほか
「江の島網」:アカカマス 280キロ、小サバ 150キロ

小田原釣船 ・・・ ワラサ 500キロ

今年は「アカゼモロ」こと「ムロアジ」が多いなあ〜、なんでだろな〜?
昔の人はよく「只」のことを「ロハ」などと言ったものだが、そうすると「ムロ」って「台」の事か?
「台」って、あの上にモノを載せたり、立ったりするアレ?
「うてな」とも読むらしい。
つまり「ムロアジ(アカゼモロ)」は、いっぱいあるから、売ってな〜、買ってな〜・・・って事なんだな、ウン。
.
posted by にゃー at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック