魚体中骨抜き器販売中 2023年漁業センサスキャンペーンページ

2023年12月04日

わんだふる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1.2トン、アカヤガラ 830キロ、アカカマス 760キロ、マルソウダ 690キロ、小イサキ 390キロ、サバ 300キロ、サバフグ 270キロ、アオリイカ 160キロ、小アジ 160キロ、メアジ 110キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カンパチ・ショウゴ 1.2トン、アカヤガラ 700キロ、小イサキ 450キロ、サバフグ 430キロ、アオリイカ 220キロ、アジ 100キロ
「原辰」定置:アオリイカ 160キロ、マルソウダ 130キロ、ヒラソウダ 80キロ
「江の安」定:ショウゴ 110キロ、小イサキ 90キロ
「二宮」定置:アジ 290キロ、小アジ 180キロ、サバフグ 190キロ
「福浦」定置:メアジ 160キロ、ウルメイワシ 110キロ
「大磯」定置:サバフグ、アジ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:ショウゴ 410キロ ほか
「江の島網」:ショウゴ 200キロ ほか

暦の上ではもう12月今年は地球沸騰化などと言われて、ついこないだまで暑い暑いなどと言っていたが、ここに来て一気に寒くなり、あれ秋はどこへ行った?などと言う人もいる中で、市場の水揚げを見てみれば、この秋の水揚げほど、大量の魚、魚種の多様、定番魚の成長が見られる事も最近無かったのでは無いかと思われ、その意味では最近になく秋らしい水揚げが続いていると考えられ、まるで小田原の海には冬はなく、豊漁の秋が長く続いているなあという印象しかないのである。
これってワンダフル。
.
posted by にゃー at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック