魚体中骨抜き器販売中

2024年03月26日

魚市場に渦巻く謎の違和感

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 420キロ、マルアジ 270キロ、小アジ 130キロ
「石橋」定置:アジ 150キロ ほか
「 岩 」定置:ボラ 450キロ、イシダイ 340キロ
「原辰」定置:小アジ、サバフグ ほか
「江の安」定:マルアジ、マルソウダ ほか
「二宮」定置:マイワシ 160キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:サバ、ジンダ ほか
「大磯」定置:アカカマス 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「富戸定置」:マルソウダ 300キロ、小アジ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 30キロ
「江の島網」:サバ 350キロ ほか

弥生三月
春休みまっただ中
サクラは満開、気分はウキウキ
天気は上々、魚は大漁・・
あれ?なんか違う
続く悪天候に、うすら寒い気候
膨らまないつぼみ、引き摺る風邪気味
増えない水揚げ、変わらぬ魚
本当に今日は「サ(3)ク山チョコ次郎(26)の日」なのか?
.
posted by にゃー at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック