2018_fespos.jpg

2007年11月30日

小田原魚市場のあゆみ

明治40年 3月 資本金10万円を以って、株式会社小田原魚市場発足

大正11年12月 両山田魚市場と合併、鰤定置網、その他
           の漁業をも経営

昭和18年 2月 漁業部門を分離独立して、相海漁業経営
           組合を設立

昭和19年 6月 『神奈川県鮮魚介出荷統制機構整備要綱』
           に基づき、市場を神奈川県水産業会
           に移譲、社名を小田原水産興業株式
           会社と改称

昭和24年 1月 統制解除とともに市場権の返還を受け、
           従前の株式会社小田原魚市場に還り、
           市場権を継続して経営

昭和25年10月 小田原市早川に小田原漁港建設開始

昭和41年 9月 将来の業界発展の為、関係者と協議し、
           資本金4,000万円を以って共同
           冷蔵株式会社を設立。
           当会社は1,500万円出資

昭和43年 2月 小田原市早川に小田原漁港及び水揚
           岸壁が建設され、小田原市による
           魚市場の開設に伴い、当会社は
           認可を受けて幸町から移転、入場
           し従前の業務を継続

昭和47年11月 卸売市場法改定に伴い、小田原魚市場
           は小田原市公設水産地方卸売市場
           と改称、当社は卸売会社として
           業務を継続

昭和55年11月 資本金9,000万円に増資

昭和63年 5月 小田原漁港岸壁に全自動製氷工場を建設

平成 元年10月 流通の多様化に対応する為、場外に
           加工施設を併設した低温流通センター
           として株式会社中央食品を設立

平成18年 3月 マグロ売場低温施設を竣工
posted by にゃー at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社案内・沿革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック