魚体中骨抜き器販売中

2008年04月22日

魚市場新時代

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 16トン
「 岩 」定置:ヒコイワシ 3トン
「原辰」定置:ヒコイワシ 960キロ
「江の安」定:ヒコイワシ 1.7トン
「二宮」定置:アジ 850キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 26本、ワラサ 9本
        アジ 190キロ、活イシダイ 80キロ 
「大磯」定置:アジ 350キロ、ヒラマサ 32本

 伊豆方面からは、
「稲取山下」:イサキ 470キロ、アカイカ 90キロ
「川奈杉本」:クロダイ 100キロ、ヒラマサ 30本

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 220キロ

 今朝は「石橋」定置でアジが16トンの大獲れ!ヒコイワシ・ロック・フェスティバルの開催予定が急遽、「小田原アジ」ウェルカム・パーティに変更。朝一番で4トンのアジを出荷向けに「入札」を行い、首都圏を含む近郊市場などへと送られていきました。今朝は「米神」定置を締めませんでしたが、あさっては締めると思います。定置網予報としては、ヒコイワシ確率80%(?)と言われています。

 それと、あんまり大声では言えませんが…今朝のセリにて「活マダイ(1.2キロ)」1匹が歴代最高値(未確認)となるキロ当たり25,000円オーバーが出てしまいました。少なくとも今日に限れば日本最高じゃないかしら?
 燦然と輝く1匹3万円の鯛の味…。想像しただけでもヨダレがイグアスの滝状態。一体誰が食べるのか?まさか李明博韓国大統領?叶姉妹?これぞ魚市場の「新時代」!小田原発信での新たなる鮮魚相場の構造改革を予感させる出来事で…?
 と言ってはみたものの、こんな値段はまず出ることはありません。ていうかあり得ませんわな。年末やお盆あたりにフィーバーしたとしても、去年の最高は15kくらいでしたし、正月のご祝儀相場か、どんなに高くても普段なら「キロ1万円」行けば大騒ぎです。それがこの値段。余程の注文を持っている人同士、しかもその人たちが、値段に糸目をつけない覚悟で競りに臨まなければなるわけありません。こんな狂信的且つ確信的な競り合いを行わせるのは、魚に対する執念か魚屋としての意地というか、注文に対する使命感といいますか、それともやはり真剣勝負に徹する余りの無意識なんでしょうか?つくづくセリって不思議なものですねえ。

今日のヒラメ枚数・・・37
※備忘録 倒産情報〜大木水産(株) 債権者会議近日開催。今後の動向注視。
posted by にゃー at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほ〜年末でもないのにこの時期にマダイに25kですか・・・信じられません!よほどお得意さんから注文がはいったのでしょうか?
私の見た限りですが、12〜3年前に、留市の日(12月30日)に、0.4〜5kgのマダイが2枚で0.9kgとして30kで競り落とされました。ちょうどお正月の1尾付けにぴったりのサイズでしかも釣り物のきれいなピンク色の天然物でした。最後の日というのにしけで三州売り場に売り物はほとんどなし、早くから魚屋さんの目はこの2尾のマダイに釘付け!朝○の義○さんがヒラメの刺網もそこそこにして年末休みに入ったお客さんを案内している間に暇に任せて自分も釣った物でした。いきなり10kからスタート、15kからは2人の喧嘩競りが始まりあっという間に値段は30k、そこで「もうええわ」と一人が正気にかえり、競りは終わりました。そのあとできいたら「さすがにたかが0.5のマダイに30kは異常だとはっと気がついた」そうで・・・・・、
さて、年が明けて伝票を受けとった義○さんはびっくり!ゼロが一つ多いのか?としげしげと伝票を見直したそうで、今でも年末になると義○さんとは必ずこの話で盛り上がります。しかし、これもまだかすかにバブルの香りを残していた頃のお話し、今の時代に、それも年末でもないのに25Kとは驚きです。プロ野球でいえば、いまの20勝投手は昔の30勝に匹敵するようなものですね。
Posted by ヒラメの中村 at 2008年04月23日 00:47
そうですか、そんな事もありましたか。しかも2匹で0.9キロの鯛にねえ・・・。
今朝は1匹0.9キロに9kが出ておりましたが、極めて常識的な値段に感じますなあ。でも競る側の人間として、活きた鯛の浮き袋から空気を抜いてなんとか泳ぐようにしたり、サイズや太り、色具合を見極めて魚を選別し、それが上手い具合にお客の需要と合致して、高値が出たときの爽快感はたまりませんです、ハイ。
Posted by にゃー at 2008年04月26日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック